歯科訪問診療みんなの学び舎

配信者 歯科訪問診療みんなの学び舎

高齢者歯科・訪問歯科

「歯科訪問診療」を体系的に、そして手軽に・楽しく学ぶ

オンライン学習コンテンツ

総合監修:菊谷武先生(日本歯科大学 教授 口腔リハビリテーション多摩クリニック 院長)

人口の高齢化や在宅要介護高齢者が増加する中、歯科医療のあり方は大きく変わろうとしています。歯科訪問診療において、患者に必要な支援は、単に歯科医療にとどまりません。食べることをいかに支えるか、患者家族をいかに支えるか、といったことも必要になってきます。 そのような中で、外来診療では得られない感動に出会い、医療人としての大きなやりがいを味わうことも多々あります。『歯科訪問診療みんなの学び舎』では「効率的・効果的で質の高い歯科訪問診療」を学ぶための様々なコンテンツをお届けいたします。

プレミアム会員の方は
無料で視聴
基礎知識から準備、有病者対応、口腔ケア、義歯、認知症対応、摂食支援、栄養管理、保険算定など、訪問歯科を体系的に学べるコンテンツをご用意。動画本数は、100本以上。プレミアム会員限定で視聴できます。
すべてショート動画
動画は1本15分ほど。見たいときに手軽に視聴できます。すきま時間を有効活用しながら、スマホひとつで「訪問歯科の学び」を完結できます。
講義形式だけではない
楽しい学びの場
たとえば、講師陣によるディスカッションや座談会、現場密着取材なども配信。研修動画・セミナーとして「見て楽しい」コンテンツで、継続的な学びをサポートします。
業界動向を見据え
随時コンテンツを追加
2024年の診療報酬改定は、6年に一度のトリプル改定(医療、介護、障害福祉サービス等)。「みんなの学び舎」では、総合監修の菊谷武先生をはじめ、第一線でご活躍される講師陣とともに、これからの歯科医療を読み解き、コンテンツや研修動画・セミナーに反映していきます。
院内みんなで学べる
幅広い内容と高い専門性
訪問歯科の成功にかかせないスタッフ育成。みんなの学び舎では、歯科医師、歯科衛生士、スタッフが学べる多彩なコンテンツを配信するとともに、高い専門性にこだわった研修内容で、医院全体の知識・スキル向上をサポートします。

プレミアム会員登録はこちら

※本コンテンツはプレミアム会員限定です。視聴にはプレミアム会員への登録が必要です。
※プレミアム会員は無料で視聴できます。

 

Contents

 

【訪問歯科の基礎知識・心得】主な内容  ◎ディスカッション ◎訪問診療の基本的配慮 ◎歯科訪問診療の心得 ◎歯科訪問診療の対象者 ◎これでよいの?歯科訪問診療 ◎運動阻害性咀嚼障害 ◎裏から読み解く口腔機能低下症 ◎医療モデルと生活モデル など

【訪問歯科の準備】主な内容 『あの先生に聞きたい!歯科訪問診療に何を持参していますか?シリーズ』 ◎「開業医から『食べる』を支える/澁谷英介先生(渋谷歯科医院)」 ◎「月間100件以上の実績を持つ、訪問診療に特化した歯科医院/池川裕子先生(出張歯科四つ木)」 ※順次追加予定

【訪問歯科のリスク(有病者対応)】主な内容 ◎ディスカッション ◎リスクマネジメント(全身疾患、服用薬剤の把握、医科との診療情報連携、総合医療管理加算) ◎バイタルサイン(血圧測定、SpO2モニタリングについて、在宅患者歯科治療時医療管理料) 《全身疾患》 ◎ALS ◎パーキンソン病 ◎循環器疾患(①高血圧症<降圧薬、局所麻酔薬> 、②心疾患 <心臓弁膜症、心房細動> ◎呼吸器疾患(COPD、喘息) ◎糖尿病(血糖降下薬について、低血糖発作時の対応) ◎慢性腎臓病(透析患者の歯科治療、腎代謝薬剤の減量について) ◎脳卒中(脳出血、脳梗塞患者の歯科治療) ◎自己免疫疾患(ステロイド、免疫抑制剤について) ◎骨粗鬆症・顎骨壊死(骨吸収抑制薬について、ポジションペーパー2023の概要) ◎高齢者に対する抗菌薬投与の注意点 ◎抗血栓薬服用患者における止血のポイント

【訪問歯科の口腔ケア】主な内容 ◎ディスカッション ◎訪問診療における口腔ケアの意義、これからの歯科衛生士に求められること ◎疾患別に学ぶアセスメントや口腔ケアプラン作成のポイント、口腔ケアの実践、そして食べることの支援など(脳卒中患者/パーキンソン・ALS患者/がん患者/終末期患者)

【訪問歯科の認知症】主な内容 ◎ディスカッション ◎認知症に関する基礎知識(疾患の種類や一般的な対応法など) ◎歯科治療の考え方(注意点やどこまで行うか等) ◎義歯作製・修理について ◎口腔衛生管理について ◎認知症患者の食支援について など

【訪問歯科の義歯】主な内容 ◎ディスカッション ◎高齢者への義歯治療は「食べる」にこだわる ◎「噛める義歯」にするために必要なこと ◎訪問診療での咬合採得 ◎訪問診療での印象採得で大切なこと ◎口腔機能を考えた義歯治療が大事 ◎義歯は舌のスペースを考える ◎作って終わりではない義歯治療 ◎症例 など

【訪問歯科の摂食支援】主な内容 ◎ディスカッション ◎歯科が「食」を支える覚悟(意義) ◎摂食嚥下を知ろう(解剖学や5期モデルなど) ◎摂食嚥下障害の要因(加齢、薬物、疾患など) ◎摂食嚥下障害の評価(各種スクリーニング検査、VE・VF) ◎目標設定について ◎治療について(治療的アプローチ<直接訓練、間接訓練>、代償的アプローチ<食事指導、姿勢指導>、環境改善的アプローチ<介助・支援体制>) ◎ミールラウンド(基礎知識、ミールラウンドでの視点(口腔、全身、食形態) ◎CASE STUDYで学ぶ対応法 ◎多職種連携について(課題など) ◎在宅・施設で行われる食支援の実際(現場で何が起きているか) など

【訪問歯科の栄養管理】主な内容 ◎ディスカッション ◎栄養の視点を取り入れた歯科医療がなぜ必要か ◎歯科が知っておくべき栄養管理の基礎知識 ◎栄養の視点で患者さんを診る (スクリーニングや評価方法、口腔機能の状態など) ◎管理栄養士の仕事を知る ◎訪問歯科で管理栄養士と連携しよう ◎嚥下調整食について ◎多職種連携について(課題など) ◎CASE STUDYで学ぶ食事指導(問題点の把握、目標の立案、改善策) など

【訪問歯科の機能評価】主な内容 ◎ディスカッション ◎ADL ◎認知機能 ◎口腔機能 ◎摂食嚥下機能 ◎栄養評価 など

【訪問歯科の保険算定】主な内容 ◎ 令和6年度診療報酬改定について ◎ 事例で学ぶ訪問歯科の保険算定《訪問先別・患者の状態別(具体的な疾患事例)・多職種連携(医科、管理栄養士等)・訪問診療での治療算定など》

講師一覧はこちら

おすすめセミナー

お問い合わせ

お問い合わせ先:IOCiL運営事務局
E-mail:support@iocil.jp TEL:03-6891-7110