身近だけど知らない常在菌の不思議

配信者 大毛宏喜

終了したセミナー

\30日間のアーカイブ(見逃し)配信あり/


 

プログラム

【Live】身近だけど知らない常在菌の不思議


 口腔内、皮膚、気道、腸管内など我々の体には多くの常在細菌叢が存在する。常在菌なので相当数の菌数がいても感染症など体に悪影響を及ぼすことなく共生している。彼らは人の生命活動を利用して生存するし、我々も彼らの代謝産物を有効に活用している。

 両者持ちつ持たれつの関係に見えるが、ここに時間軸が加わると話は少し違ってくる。細菌叢が存在する部位には隙間があり、彼らは我々の体の中に侵入してくるからである。胃に存在する場合があるピロリ菌は、胃粘膜細胞にスパイクを打ち込み、菌の代謝産物を排泄するかのように細胞内に注入してくる。細胞内の代謝の結果、長期間経って胃炎や胃癌の原因になることが明らかになった。

 このように1つの菌が長期的に生体に及ぼす影響が明らかになったものは、実は少ない。兆単位の膨大な数の菌が存在する口腔内や大腸内では、逆に複雑すぎて明らかになっていない点が多い。10年ほど前に腸内細菌叢ブームとも言える現象が起きた。腸内細菌で全てが解決するかのような話であったが、やがてしぼんでしまった。本講演では、今何がわかっていて、何が妨げになっているのかを明らかにし、今後の展望と期待について述べていきたい。

講師

大毛 宏喜 先生

広島大学病院感染症科 教授

 

【略歴】

1991年 広島大学卒,同第一外科入局
1992年 倉敷中央病院心臓外科
1996年 広島大学大学院外科学
2002年 ミネソタ大学大腸外科留学
2004年 広島大学大学院外科学助教
2010年 広島大学病院感染症科教授
2018年 広島大学病院副病院長

日本感染症学会理事
日本臨床微生物学会理事
日本嫌気性菌感染症学会理事
日本外科感染症学会理事
感染症指導医・専門医
外科指導医・専門医
消化器外科指導医・専門医
大腸肛門病指導医・専門医

開催日

5月15日(日)10時~12時

※30日間のアーカイブ(見逃し)配信あり。

受講料

5,500円(消費税込)

※職種問わず受講料は同料金となります。
※お客様都合によるキャンセル・返金はお受けできません。

その他
おすすめ
セミナー

歯科訪問診療総合研修講座 -導入コース-(第3期)


         

【全17回】骨粗鬆症と歯科との関係
~骨粗鬆症予防への歯科の役割~

         

ONLINE ケース・カンファレンス

         

      

お問い合わせ

お問い合わせ先:IOCiL運営事務局
E-mail:support@iocil.jp TEL:03-6891-7110