• TOP
  • 平野浩彦
  • 患者さんの「オーラルフレイルって何ですか?」に答えられますか?

患者さんの「オーラルフレイルって何ですか?」に答えられますか?

配信者 平野浩彦

予防歯科

 

高齢者歯科・訪問歯科

 

口腔がん・口腔疾患

 

終了したセミナー

プログラム

【Live】患者さんの「オーラルフレイルって何ですか?」に答えられますか?


 オーラルフレイルとは、口に関するささいな衰えの放置や適切な対応を行わないままにすることによる、口の機能低下、食べる機能の障害、さらには心身の機能低下までつながる負の連鎖に対して警鐘を鳴らした、日本で考案された新しい概念です。この概念が考案された背景の一つに、8020運動の達成率が、わずか30年で約5割に達した(2016年)経緯があります。これは、高齢期の歯数の維持に加え、口の機能により軸足を置いた国民運動が必要になった時代的変遷と言えます。また口腔機能低下症の新病名も保険導入され、高齢期の口腔に関する機能への医療行為としての対応も可能となりました。

 口腔機能の低下は自覚しにくく徐々に進行し、自覚した段階では改善が困難な場合も多いです。さらに身体状態の低下が重なると、低栄養、サルコペニア、フレイル、嚥下性肺炎発症のリスクも高まります。これまでの論文知見からも、オーラルフレイルは口腔の機能維持にとどまらず、身体のフレイルの発生、サルコペニアの発生、さらには要介護状態や死亡の発生との関連が示唆されており、国民の皆さんにもオーラルフレイルは徐々に知られる言葉となりました。

 本セミナーでは、「オーラルフレイル」の概要、評価、対応などについて触れさせて頂く予定です。

講師

平野 浩彦 先生

歯科医師

東京都健康長寿医療センター
病院歯科口腔外科部長
研究所自立促進と精神保健研究チーム研究部長


【略歴】

日本大学松戸歯学部卒業 医学博士
平成2年   東京都老人医療センター 歯科口腔外科 研修医
平成3年   国立東京第二病院 口腔外科 研修医
平成4年   東京都老人医療センター 歯科口腔外科主事、
平成14年 同センター医長
     (東京都老人医療センター・東京都老人総合研究所の組織編成により東京都健康長寿医療センターへ名称変更)
平成21年 東京都健康長寿医療センター研究所 専門副部長
平成28年 東京都健康長寿医療センター歯科口腔外科 部長
平成31年~ 現 職


【学会】
日本老年学会 理事
日本サルコぺニア・フレイル学会 理事
日本老年歯科医学会 理事・専門医・指導医・摂食機能療法専門歯科医師
日本老年医学会 代議員
日本大学 客員教授・東京歯科大学 非常勤講師・昭和大学歯学部 非常勤講師


【著書】
歯科診療所における オーラルフレイル対応マニュアル(共著)日本歯科医師会
フレイルの専門医が教える 舌を鍛えると長生きできる!  PHP研究所
実践!オーラルフレイル対応マニュアル(編者)東京都福祉保健財団
オーラルフレイルQ&A―口からはじまる健康長寿(共著)医学情報社
認知症高齢者への食支援と口腔ケア(編者) ワールドプランニング
歯科医院で認知症の患者さんに対応するための本 ガイドラインに基づいた理解・接遇・治療・ケア(編者)医歯薬出版
認知症の人への歯科治療ガイドライン(編者)医歯薬出版
認知症の緩和ケア(共著)南山堂
口腔の緩和医療・緩和ケア(編者)永末書店

参加対象

歯科医師、歯科衛生士をはじめとする医療・介護専門職及び従事者

開催日・定員

2022年1月23日(日)10時~12時

受講料

無料

お申し込み

※ZoomによるLive配信を予定


他のおすすめセミナー

お問い合わせ

お問い合わせ先:IOCiL運営事務局
E-mail:support@iocil.jp TEL:03-6891-7110