《多職種連携の実際を知ろう》Season3 #06 食支援における歯科の役割は「食べる」にこだわること

配信者 多職種連携の実際を知ろう

高齢者歯科・訪問歯科

 

医療連携

 

終了したセミナー

プログラム

【Live】《多職種連携の実際を知ろう》Season3
#06 食支援における歯科の役割は「食べる」にこだわること


食支援には多くの形があり、1つの職種だけで完結するものではなく、多職種による連携が欠かせません。
その多職種連携を上手く機能させるには、それぞれの職種の役割をそれぞれが理解しながら協働することが効果的です。
食支援における歯科の大きな役割の1つは、患者の食べるにこだわることであると考えていますので、今回はその点についてお話したいと思います。

講師

【座長】五島 朋幸 先生

ふれあい歯科ごとう・新宿食支援研究会 代表・歯科医師

【所属】

日本歯科大学附属病院口腔リハビリテーション科 臨床准教授 日本歯科大学東京短期大学歯科衛生士科 講師 東京医科歯科大学非常勤 講師 慶応義塾大学非常勤 講師


鈴木 宏樹 先生

医療法人 井上会 篠栗病院 歯科医長

【略歴】

2001年 福岡歯科大学卒業 2010年 医)井上会 篠栗病院 歯科入職 歯科医長として現在に至る 【所属学会・認定】 日本顎咬合学会認定医 日本有床義歯学会認定医 日本老年歯科医学会認定医 日本摂食嚥下リハビリテーション学会会員 日本口腔ケア学会会員 日本補綴歯科学会会員 日本臨床栄養代謝学会会員 日本サルコペニア・フレイル学会会員

参加対象

歯科医師、歯科衛生士をはじめとする医療・介護専門職及び従事者

開催日・定員

2021年7月28日(水)19時30分~20時15分

※講演後にオンライン懇親会も実施予定です(任意参加)

受講料

1,100円(消費税込)

※職種問わず受講料は同料金となります。
※お客様都合によるキャンセル・返金はお受けできません。

お申し込み

※ZoomによるLive配信を予定

お問い合わせ

お問い合わせ先:IOCiL運営事務局
E-mail:support@iocil.jp TEL:03-6891-7110