《多職種連携の実際を知ろう》Season2 #08 ミールラウンドから始まる食の安全

配信者 多職種連携の実際を知ろう

高齢者歯科・訪問歯科

 

医療連携

 

全身・栄養療法


 

プログラム

【アーカイブ】《多職種連携の実際を知ろう》Season2#08 ミールラウンドから始まる食の安全


私が食支援を行っている施設の現場では多職種によるミールラウンドと呼ばれるものを行っています。 多職種とは対象者に関わるすべての職種、介護職、ケアマネージャー、栄養士、機能訓練指導員、歯科衛生士、歯科医師、看護師で行っています。 普段の食事の様子を観察することで食事時の問題点を全員が観察し、姿勢の調整や食事形態の変更などをその場で行えることはすぐに是正する、またその結果の共有を行う。特に食事の形態の変更は嚥下聴診を併用することで嚥下の前後で呼吸の安定が損なわれない最適な形態のものを選択することが可能になっています。 ミールラウンドと嚥下評価を続けていくことで、食事時の窒息、誤嚥の事故防止のみならず食事というただの一つの行為に過ぎないと考えられがちなことから、利用者の生活全体を関わる職員全体が考える切っ掛けとなり、また継続的に発展していると考えられます。

講師

【座長】五島 朋幸 先生

ふれあい歯科ごとう・新宿食支援研究会 代表・歯科医師

【所属】

日本歯科大学附属病院口腔リハビリテーション科 臨床准教授 日本歯科大学東京短期大学歯科衛生士科 講師 東京医科歯科大学非常勤 講師 慶応義塾大学非常勤 講師

澁谷 英介 先生

渋谷歯科医院 院長

【略歴】

1991年 東京歯科大学卒業 1997年 同大学院卒業 博士(歯学)解剖学専攻

参加対象

歯科医師、歯科衛生士をはじめとする医療・介護専門職及び従事者

開催日

いつでも視聴可能です

受講料

無料

お申し込み

お問い合わせ

お問い合わせ先:メディア株式会社 IOCiL運営事務局
E-mail:support@iocil.jp TEL:03-6891-7110