• TOP
  • 骨粗鬆症と歯科との関係
  • 《骨粗鬆症と歯科との関係》#14 骨粗鬆症リエゾンサービス(OLS)における多職種連携の実際とwith コロナ時代への挑戦

《骨粗鬆症と歯科との関係》#14 骨粗鬆症リエゾンサービス(OLS)における多職種連携の実際とwith コロナ時代への挑戦

配信者 骨粗鬆症と歯科との関係

診断・スクリーニング

 

医療連携

プログラム

《骨粗鬆症と歯科との関係》#14 骨粗鬆症リエゾンサービス(OLS)における多職種連携の実際とwith コロナ時代への挑戦

 

骨粗鬆症リエゾンサービス(OLS)とは、医師をはじめとして多職種の医療スタッフが骨粗鬆症患者に様々な側面から関わることにより、初回の骨折を防ぐ(骨折一次予防)、骨折してしまった患者の次の骨折を防ぐ(骨折二次予防)取り組みの総称である。

当院では2014年よりOLSを開始し、様々な取り組みにチャレンジしてきた。また、2020年からはCOVID-19の影響があり逆風が吹いたが、withコロナ時代を迎えコロナ禍でも行えるOLSを推進できるよう積極的にICTツールを使用するなど新しいことにもチャレンジしている。

本講座では、当院におけるOLSの実際と多職種連携のやりがいについて解説する。

講師

【座長】田口 明 先生

松本歯科大学歯学部歯科放射線学講座 主任教授
同大学院歯学独立研究科硬組織疾患制御再建学講座 教授
松本歯科大学病院放射線科 科長
香港大学歯学部 名誉教授


【学位】

博士(歯学)


【略歴】

1988年3月25日  広島大学歯学部卒業
1992年3月25日  広島大学大学院歯学研究科博士課程修了
1992年4月1日  広島大学歯学部助手(歯科放射線学講座)
1995年4月1日  広島大学病院講師(歯科放射線科)(2006年まで)
1996年10月1日  ワシントン大学口腔内科学講座客員教授(1997年まで)
2006年10月16日 広島大学病院診療准教授(歯科放射線科)
2008年6月1日  松本歯科大学歯学部歯科放射線学講座教授(現在に至る)
2011年4月1日  広島大学原爆放射線医科学研究所非常勤研究員(現在に至る)
2013年4月1日  東京大学医科学研究所非常勤講師(2017年まで)
2017年3月1日  香港大学歯学部名誉教授(現在に至る)
2017年4月1日  広島大学歯学部非常勤講師(現在に至る)


【所属学会】

日本歯科放射線学会(理事、代議員,利益相反委員会委員長)
日本骨粗鬆症学会(理事会監事、評議員、国際委員会委員、A-TOP実行委員会委員、和文誌編集委員会委員)
日本歯科医学会(学術研究委員)
日本画像医学会(評議員)
日本歯周病学会(評議員)
日本骨代謝学会(評議員)
日本口腔外科学会(顎骨壊死検討委員会委員)
アジア骨粗鬆症学会連盟(日本代表理事)
国際骨粗鬆症財団(国際顎骨壊死タスクフォース)


【講師】加藤木 丈英 先生

聖隷佐倉市民病院 リハビリテーション室 係長
骨粗鬆症リエゾンサービス委員会 委員長
日本骨粗鬆症学会 骨粗鬆症診療連携システム構築委員会 委員
日本骨粗鬆症学会 骨粗鬆症リエゾンサービス委員会ワーキンググループ 委員
日本骨粗鬆症学会 評議員


【略歴】

1999年 3月  茨城県立水戸桜ノ牧高等学校 卒業
2000年 4月  順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科 入学
2004年 3月  順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科 卒業
2004年 4月  日本リハビリテーション専門学校 入学
2007年 3月  日本リハビリテーション専門学校 卒業
2007年 4月  社会福祉法人 聖隷福祉事業団 聖隷佐倉市民病院 リハビリテーション室 入職
2014年 10月 社会福祉法人 聖隷福祉事業団 聖隷佐倉市民病院 リハビリテーション室 係長心得
2015年 4月  社会福祉法人 聖隷福祉事業団 聖隷佐倉市民病院 リハビリテーション室 係長


【所属学会】

日本骨粗鬆症学会
日本脆弱性骨折ネットワーク
日本側彎症学会
日本脊椎脊髄病学会
日本運動器科学会
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会
日本腎臓リハビリテーション学会


 2014年の6月のThe 10th Meeting of the International Research society of spinal Deformities(第10回国際脊柱変形基礎学会)で口述発表、2019年6月の46th The International Society for the Study of the Lumbar Spine(ISSLS:第46回国際腰痛学会)で発表をし、その他の国内外の学会で精力的に演題発表し、論文や単行本、教科書を執筆しております。2014年10月には、日本骨粗鬆症学会が認定する「骨粗鬆症マネージャー」試験を受験し合格致しました。2016年1月には第44回千葉スポーツ医学研究会で優秀論文賞を受賞し、更に2019年1月には第47回の同研究会で2回目となる優秀論文賞を受賞しました。

 現在は、骨粗鬆症リエゾンサービスセンターの代表として活動しております。2016年3月には日本骨粗鬆症学会 骨粗鬆症診療連携システム構築委員会の委員、さらに2020年2月に同学会 骨粗鬆症リエゾンサービス委員会ワーキンググループの委員、2020年4月に同学会 評議員に就任致しました。2017年7月・2018年6月に、2年連続で日本骨粗鬆症学会のOLS活動奨励賞を受賞致しました。

参加対象

歯科医師、医師、歯科衛生士、および骨粗鬆症リエゾンサービスに携わる医療・介護専門職及び従事者

開催日・定員

2023年4月18日(火)20時~21時15分(アーカイブ配信期間:4/20(木)~5/1(月)まで)

※講演60分+質疑応答の予定

※12日間のアーカイブ配信あり

受講料

3,300円(消費税込)

※職種問わず受講料は同料金となります。
※お客様都合によるキャンセル・返金はお受けできません。

お申し込み

※ZoomによるLive配信を予定

お問い合わせ

お問い合わせ先:IOCiL運営事務局
E-mail:support@iocil.jp TEL:03-6891-7110