• TOP
  • 菊谷武
  • 2021年介護報酬改定から読み解く これからの歯科医療の姿とは何か

2021年介護報酬改定から読み解く これからの歯科医療の姿とは何か

配信者 菊谷武


 

プログラム

【アーカイブ】2021年介護報酬改定から読み解く これからの歯科医療の姿とは何か


3年に1度の介護報酬の改定の年が来た。歯科医療者は医療保険改定に興味があっても介護報酬改定にはほぼ興味を持たないのが通例であろう。それは、介護報酬改定は歯科医療を行う上で直接関係のないものと思われているためであろう。 一方、私見ではあるが、介護報酬は医療保険より柔軟に日本社会の問題点に対応し、それを解決するべく先進的かつ理念を持った改定を行っているように見える。だからこそ、そこに込められているメッセージを読み解くことによって、歯科が求められるあり方が見えてくるのではないかと感じている。今年も介護報酬の改定のキーワードは、栄養であり、口腔であるといっても過言ではない。

講師

菊谷 武 先生

日本歯科大学 教授 口腔リハビリテーション多摩クリニック 院長 大学院生命歯学研究科 臨床口腔機能学

【略歴】

1988年 日本歯科大学歯学部卒業

2001年10月より 附属病院 口腔介護・リハビリテーションセンター センター長

2010年4月 教授

2010年6月 大学院生命歯学研究科臨床口腔機能学教授

2012年1月 東京医科大学兼任教授

2012年10月 口腔リハビリテーション多摩クリニック 院長

開催日

期間内はいつでも視聴可能です(配信期間:6月末まで)

受講料

無料

お申し込み

お問い合わせ

お問い合わせ先:IOCiL運営事務局
E-mail:support@iocil.jp TEL:03-6891-7110